• 家族葬が増えたのは生活スタイルの変化

    近年の葬儀のスタイルとも言えるのが家族葬と言うことが多くなってきました。

    誰かが亡くなった時に、家族葬でしますので供花やお供物などは遠慮したい、などを聞くことがあります。
    実際の家族葬には供花もお供物もあるのですが、あまり親しくない人たちからの物は遺族として遠慮したいとの思いがあるようです。



    以前のように、隣近所との付き合いが濃密だった頃は葬儀はその地域全体のもので、何日もかけて葬儀の手伝いをしたものでした。



    しかし、核家族化がどんどん進んでいる現在では親戚づきあいまでも以前ほど広くはしないようになったことが葬儀を家族葬でしたい人が増えたことになります。


    今、ある程度の年齢になって仕事も退職した人たちの中には地元を離れて仕事場近くで家族を持ち、家を持った人達が多いです。


    そのような時に、自分が死んだ後の葬儀のことを考えて、あまり多くの人の時間や気遣いを貰うのを遠慮して、葬儀はごく親しい人達だけでひっそりとしてほしいとの希望を家族に生前から言っている人もいます。

    毎日新聞情報は見逃せません。

    家族葬は実際はその規模の大きさが小さいことを言うのではないので、その葬儀をしてもお別れをしたい人、してほしい人が多い場合もあります。
    亡くなった人に対して心からの感謝やお礼の気持ちを持った人達が丁寧にお別れをすることは、参列する人数には関係がありません。
    亡くなった人や、残された遺族の人たちの人生観や価値観などにより、葬儀の形が決められています。