• 落ち着いた雰囲気で家族葬を行うコツ

    近年、故人の近親者や近しい親族だけで葬儀を行う家族葬が都市部を中心に人気を集めています。



    家族葬の最大のメリットは、一般弔問客をもてなす心理的な負担がかからないことです。

    ところが家族葬は新しい形態の葬儀ゆえ、地方では認知度が低いというデメリットがあります。



    そのため家族や親戚だけで葬儀を行うと連絡したのに、近所の人や職場関係者などの一般の人が弔問に訪れて対応しなければならなくなってしまう場合があるのです。
    近親者だけで落ち着いた雰囲気でお葬式を行うためのコツがあります。

    YOMIURI ONLINE情報を簡単に請求できます。

    もしもお葬式を行う前に連絡を行ってしまうと、一部の人は一般葬の慣習に従って弔問に訪れてしまう場合があります。


    失礼にあたらないようにしつつ、葬儀の際に弔問に訪れてほしくない旨を上手に伝える必要があります。


    家族葬で招待していない人が訪れるというハプニングを避けるコツは、故人が亡くなった旨を知らせるタイミングを適切に選ぶことです。
    家族などの近親者だけでお葬式や火葬を済ませた後に、近親者のみで葬儀を執り行った旨を報告という形で連絡を行うことができます。
    一般の弔問客は誰も葬儀に参列しておらず、既に葬儀を済ませたとの連絡を受ければ、近親者以外の人は訪問の必要が無いことをはっきりと伝えることができるのです。一般葬では葬儀の前に、葬儀に間に合うように急いで故人の知り合いに通夜や告別式の連絡をする必要があります。
    これに対して家族葬では火葬を済ませた後に、故人の葬儀の報告という形で連絡を行うことができるのです。
    葬儀に呼ばれていない人に対しても気配りを怠らないようにすることが大切なのです。