• 家族葬の紹介とメリット

    家族葬とは、家族や近しい親戚以外の人の儀礼的・社交辞令的な参列を拒否する葬儀の形態です。
    一般弔問客を呼ばないので、近親者だけで小規模な葬儀を行います。
    密葬のように、火葬後に一般弔問客のために社葬などの大規模な告別式を開くこともありません。

    家族葬には少人数ゆえのメリットがあります。

    最大のメリットは一般弔問客を呼ばないので参列者の人数が確定していて、予算の変動が少ないことです。
    一般葬で大きな会場を借りたのに、弔問客が少なかったため予想していた香典料が入らなかった、という事態を避けられます。


    規模が小さい方が会場の予約が取りやすくなりますし、食事や返礼品の費用も低額で済みます。



    会場が確保しやすくなれば、日程についても自由度が高くなります。

    さらに一般弔問客に気を遣う必要がないので、落ち着いて故人とお別れができます。


    お客様を呼ぶ訳ではないので、遺族の心理的な負担が軽くて済むのです。
    家族葬は葬儀に列席する家族や親戚以外の人にとってもメリットがあります。

    産経ニュースがさらに話題になりそうです。

    職場関係などで社交辞令に通夜や葬儀の際に弔問に訪れる人は、葬儀のために自分の予定を調整しなければなりません。
    さほど故人と親しくなかった人でも弔問に訪れるために仕事を切り上げたり、慌てて喪服や不祝儀袋を用意しなければならないのです。



    形ばかりの弔問のために、わざわざ遠方から来なければならない人もいるのです。
    家族葬であれば、一般の弔問客にとっても負担が軽くて済むのです。

    近年、家族葬を希望する人は都市部を中心に増え続けています。