• 家族葬をする時の勤務先への対応方法

    • 最近は必要以上に大きな葬儀を行うのではなく、近親者のみで行う家族葬が増えてきました。



      家族葬の場合は、葬儀があることを周囲に知らせずに行い、後日に近親者だけで葬儀を行ったことを知らせるのが一般的です。

      葬儀は結婚式のように招待するわけではなく、訃報を知った人が弔問するためです。
      しかしながら、勤務先に知らせないわけにはいきません。

      突然会社を休んでしまえば無断欠勤になってしまいますし、忌引き休暇をとることもできません。
      ただし、家族葬であることを伝えないと、会社関係の人が通夜や告別式に弔問に訪れることになってしまうので注意が必要です。

      勤務先には、近親者が亡くなり葬儀のために休暇をとること、近親者のみで葬儀を行うこと、会社関係者からの弔問や弔電、香典などは遠慮することを総務などの担当者にしっかりと伝えることが大切です。通夜や告別式の日時・場所は伝える必要はありません。



      伝えたとしても告知しないようにしてもらうことが大切です。
      また会社全体あるいは所属部署全体に知らせないようお願いしておきましょう。

      そうすることで家族葬の意味がわからずに意図しない弔問者が現れるのを防ぐことができます。
      口頭だけではなく文書にしてメールやファックスを送っておけば万全です。


      会社全体へのお知らせは葬儀後にしてもらえば良いでしょう。

      YOMIURI ONLINE情報はこのサイトにおまかせ下さい。

      ただし、会社関係者の弔問や香典はお断りしても、会社からの慶弔見舞金は受け取ることができます。

      慶弔見舞金は福利厚生の一つですからお返しの必要もありません。

  • 社会についての考察

    • 家族葬を行う時の注意点

      家族葬とは故人の遺志により、通夜、告別式、葬式全般を家族、親族、あるいは個人の非常に親しい友人のみで行う葬儀の事を言います。密葬と似ていますが、密葬には後日本葬がありますので、違います。...

  • 学ぼう社会の事

    • 家族葬の紹介とメリット

      家族葬とは、家族や近しい親戚以外の人の儀礼的・社交辞令的な参列を拒否する葬儀の形態です。一般弔問客を呼ばないので、近親者だけで小規模な葬儀を行います。...

  • 社会の重要知識・おすすめ情報

    • 家族葬が増えたのは生活スタイルの変化

      近年の葬儀のスタイルとも言えるのが家族葬と言うことが多くなってきました。誰かが亡くなった時に、家族葬でしますので供花やお供物などは遠慮したい、などを聞くことがあります。...

    • 落ち着いた雰囲気で家族葬を行うコツ

      近年、故人の近親者や近しい親族だけで葬儀を行う家族葬が都市部を中心に人気を集めています。家族葬の最大のメリットは、一般弔問客をもてなす心理的な負担がかからないことです。...